東京女子医科大学健康保険組合

東京女子医科大学健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

NEWS&TOPICS

[2019/08/31] 
重要 あん摩・はり・きゅう・マッサージ(あはき)にかかる療養費の申請方法変更について

あん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師(以下「施術者」という)の施術にかかる療養費について、2019年1月から厚生労働省による受領委任払い制度(注1)が導入されることとなり、健保組合がこの制度に参加するか否かを含め、組合会で審議を行い、今後のあはき療養費の支払い方法を決議することとされました。また当健保組合が一部施術者に対して行っておりました「代理受領払い」(注2)は、今回の新制度導入に伴い廃止されます。

当健保組合では、7月に開催されました第194回組合会で審議した結果、2019年10月施術分より、「償還払い・代理受領払い」から、「償還払い (注3)へ移行することを決定しましたことをお知らせいたします。

注1、受領委任払い ⇒ 患者は一部負担額を施術所で支払い、療養費支給申請書に請求委任の署名をする。施術者等と健保組合は受領委任規程に則り事務の取り扱いを行い、療養費は施術者等に支給されるもの。 (保発0612第2号 受領委任の取り扱い規程 2018年6月12日) 

注2、代理受領払い ⇒ 患者と施術者等の契約による委任請求に基づき、療養費は施術者等に支給されるもの。(制度廃止)

注3、償還払い(立て替え払い) ⇒ 患者は施術料全額を施術所に支払い、患者(被保険者等)から当健保組合に提出された下記書類に基づき支給されるもの。(健康保険法第87条、健康保険法施行規則第66条 法令上の支払い原則)

※提出書類(①~④全て提出)

①[療養費支給申請書(当健保組合所定用紙)」

②「療養費支給申請書(施術者発行)原本」

③「医師の施術同意書の原本」

④「領収書原本」

 

 

 

ページ先頭へ戻る